母乳育児による赤ちゃんへのメリット

母乳は赤ちゃんにとって完璧な栄養素です。赤ちゃんに必要な栄養素と防御抗体がベストな形で組み合わされています。
授乳をする理由

授乳をする理由

次のリストには、赤ちゃんを母乳育児で育てることで得られる主なメリットが要約されています。世界保健機関(WHO)などの主要な保健機関が、最初の6ヶ月間は母乳のみで育て、その後の最初の2年間も、離乳食に加えて母乳を引き続き与えることを推奨する非常に説得力のある理由がいくつか挙げられています。

  • 母乳には赤ちゃんが必要とする成分がすべて含まれています。タンパク質、脂肪、乳糖、ビタミン、鉄分、ミネラル、水分、酵素が、赤ちゃんが健やかに成長および発育するために、ちょうど必要な量だけ含まれています。
  • 母乳には、腸の中で増殖し、胃腸や下痢性の感染症を引き起こす有害なバクテリアの繁殖を防ぐ物質が含まれています。
  • 母乳で育てられた赤ちゃんは、中耳炎や呼吸器感染症の割合が少なく、アレルギーやがん、小児糖尿病、肥満のリスクが減少することがわかっています。
  • 母乳で育てられた赤ちゃんは、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが減少することがわかっています。
  • 母乳で育てられた赤ちゃんは、大きくなってから糖尿病や心臓疾患、皮膚炎、喘息およびその他アレルギー性疾患を発症する確率が低くなります。
  • 早産児に母乳を与えた場合、壊死性腸炎(NEC)を発症するリスクが低くなります。
  • 母乳育児は脳の発達を促進します。研究では、母乳で育てられた赤ちゃんは、視覚の発達や視力がより優れていることが報告されています。
  • 母乳はすでに適切な温度であり、何の準備も必要ありません。赤ちゃんが必要とする時にいつでも与えることができます。
  • 母乳は単なる食物ではありません。赤ちゃんとお母様の感情的な結びつきを深め、温かみや愛情、親愛の情を与えてくれます。

赤ちゃんが母乳の恩恵を受け、健やかな成長のために良いスタートをきれるようにしましょう。

 

便利な製品
便利な製品
関連情報
関連情報

母乳の成分

詳しく読む

母乳と粉ミルク

詳しく読む