新生児について

9ヶ月間ずっと心待ちにしていた時がとうとうやってきました。 ようやく赤ちゃんに会うことができます!赤ちゃんは何を見たり聞いたり、感じたりするのでしょうか?赤ちゃんに対するお母様の気持ち、そして絆はどのように深まっていくのでしょうか?
赤ちゃんの容貌

新生児の外見について

新生児は最初、少し奇妙に見えるかもしれません。押しつぶされたようで、シワもいっぱいです。誕生時にできたアザもあるかもしれません。「ストークマーク」があるかもしれません。これらはすべて正常なものです。2~3日もすると、肌のしわが伸び、頭も丸くなり、子宮の中で赤ちゃんの肌を保護していた白い物質、胎脂も消えてなくなります。

赤ちゃんの感覚

新生児の視覚、感情、聴覚について

赤ちゃんは誕生したと同時に、黒、白、灰色を認識できますが、25センチ以内のものにしか焦点を合わすことができません。腕に抱きしめる時にはお母様の顔を見ることができ、ちょっとの間なら見つめ合うこともできます。

赤ちゃんには聴覚もあり、大きな音に驚きます。赤ちゃんは小声が一番好きなようです。お母様の声も認識します。赤ちゃんに話しかけることで、将来のソーシャルスキルに重要な影響を与えるコミュニケーション関係を育むことができます。話しかける言葉は何でもかまいませんが、優しい歌うような声に一番反応するようです。

赤ちゃんはすでに握ることができます。手のひらを触ったり、足を撫でてあげてみてください。

赤ちゃんには嗅覚もあります。お母様の体の匂いを認識し、その匂いに安心します。赤ちゃんが生まれた後、シャワーを浴びる前に肌と肌で触れ合いながら、授乳してみてください。

できるだけたくさん赤ちゃんと遊んで、コミュニケーションしてください。子宮の中の限られた空間に慣れている赤ちゃんは、抱っこされるのが大好きです。抱っこされると安心します。

肌と肌の触れ合い

新生児との肌と肌での触れ合いについて

赤ちゃんにとって触られることはとても重要です。出産後に赤ちゃんがお母様のお腹の上にすぐに乗せられるのも、このためです。この肌と肌の触れ合いにより、赤ちゃんとお母様の間の結びつきが強まり、動揺した時に気持ちを安心させてくれます。赤ちゃんは触られるのが大好きで、触れ合いは赤ちゃんの情緒的発達に重要な影響を及ぼすものであることを覚えておいてください。

新生児との深い触れ合いについて

児童専門家は、この深い触れ合いを、赤ちゃんに対してお母様が持つ愛着の感情だとしています。溢れんばかりの愛情や愛着の情でいっぱいになり、赤ちゃんを世話して守りたいという強い要求にかられることもあるでしょう。これは非常に個人差のあるもので、すぐにそのような感情がわかなくても心配することはありません。赤ちゃんは今まで全く知らなかった人間であり、どんなにかわいくても、慣れ親しむまでには時間がかかることを忘れないでください。真の親子間の深い触れ合いは、赤ちゃんの世話を通してのみ育まれ強まります。

ご両親にとって、大事なことは赤ちゃんの世話に慣れることです。傍で話しかけ、手に抱いて抱きしめることです。こうすることで親としての自信が高まり、赤ちゃんにとっても感情の面で最高の人生のスタートとなります。ご質問や心配事がある場合は、専門家や助産師にご相談ください。

 

便利な製品
関連情報
関連情報

赤ちゃんを連れての退院

詳しく読む

ラクテーション・コンサルタントへの相談

詳しく読む