Medela(メデラ)の革新性

Medela(メデラ)の将来の事業の成功には、革新性が不可欠です。革新性は、熱心な基礎研究とお客様のニーズに対する評価の成果です。今日の医療技術における開発プロジェクトでは、標準化されたユーザー中心の設計プロセスに従わなければなりません。
Thopaz cadiothoracic drainage system
研究

学術研究を通して事実を積み上げる

Medela(メデラ)は研究に基づく会社であり、約20年間、授乳と母乳のみならず革新的医療吸引技術への基本的研究に出資してきました。母乳と授乳への研究に関して、Medela(メデラ)は西オーストラリア大学(UWA)と長期的な関係を築いており、また世界的に他の大学、病院、研究機関と共同で取り組んでいます。医療吸引技術分野における製品開発に関しては、Medela(メデラ)は世界規模でインフルエンサーや病院の医療専門家との強力な連携を築いてきました。

革新プロセス

革新プロセスにお客様を巻き込んでいく

Medela(メデラ)では、革新プロセスにお客様を巻き込んでいきます。お客様のニーズや、Medela(メデラ)の搾乳器や吸引技術をご使用いただいた感想をお聞きすることにより、さらなるメリットをご提供できるようになります。Medela(メデラ)の製品開発にはお客様の声がとても重要です。

革新的Medela(メデラ)製品ラインの3つの例:

Symphony(シンフォニー): 病院用の搾乳器

ユニークな搾乳器 Symphony(シンフォニー) は、西オーストラリア大学(UWA)の基本的研究に基づいた搾乳プログラムを採用しています。Symphony(シンフォニー)は、赤ちゃんの自然な吸てつの2フェーズパターンを再現しています。授乳中、最初は赤ちゃんはすばやい吸てつリズムで母乳の射乳反射を刺激します。母乳が流れ出るとゆっくりした深いリズムに切り替わります。Symphony (シンフォニー)は、2-Phase Expression(2フェーズさく乳)技術を用いて発売された最初の搾乳器であり、業界に新たなスタンダードをもたらしました。

Calma (カーム): 授乳デバイス

Medela(メデラ)は母乳供給のために特化した授乳デバイスCalma(カーム)を開発しました。この革新的な製品に結びついた応用研究は、授乳中の吸てつ、嚥下、呼吸パターンに関する西オーストラリア大学(UWA)の研究に基づいたものです。Calma (カーム)により、赤ちゃんは自然なリズムで吸てつ、嚥下、呼吸することができます。母乳を飲むためには、赤ちゃんはお口の中で吸引圧を形成する必要があります。Calma (カーム)は、自然な授乳パターンを再現しているので、直接授乳からCalma(カーム)での授乳 、そしてまた直接授乳へ戻る際の切り替えが。

Calma (カーム)は2012年、ケルンで行われた国際ベビー・ヤング用品見本市で イノベーション賞を受賞しました。

Thopaz+(トパーズ+): デジタル胸腔ドレーンシステム

Thopaz+(トパーズ+)は 、治療と胸腔ドレーン管理における新たなスタンダードとなりました。必要な全機能は、1 台のコンパクトな機器に収められており、小型なので患者様自身が持ち運ぶことができます。この革新性は医者と医療スタッフとの密接なパートナーシップのおかげで可能となりました。

 

関連情報
関連情報
Teaser image infant sucking research

乳児の吸啜における科学

Read more
Medela research thoracic drainage

胸腔ドレナージ研究

Read more