研究に基づく会社

Medela(メデラ)は常に研究し続けています。宣伝文句に「研究」という言葉を使っている企業は他にも多く存在しますが、Medela(メデラ)には基礎研究と探索的調査における長い実績があり、他社とは大きく異なります。「研究に基づく」は、30年以上もの間、会社の基本的価値観であり、あらゆる活動の核心であり続けています。
連携の育成

長期にわたる連携の育成

Medela(メデラ)の2つの事業分野である「母乳育児」と「ヘルスケア」は、研究に際して、同じ価値観と指針に従っています。Medela(メデラ)は、世界的な重要インフルエンサー、第一線で活躍する科学者、医療専門家、大学と連携した基礎研究に出資しています。

基礎研究、探索的研究は長期的な取り組みです。Medela(メデラ)は、産学共同のあり方のモデルとして一流の研究者らと長年にわたる関係性を順調に築き上げてきました。Medela(メデラ)では、これらの協力プログラムに参加してもらえる大学、病院、研究機関を継続して募集しています。

指針への挑戦

基礎的指針への挑戦

探索的研究によってもたらされた結果は、基礎的指針へ臨む際に役立つ知恵を生み出します。これにより次段階の応用研究と、製品開発さらには臨床研究の科学的基礎が得られます。これらの異なる活動に出資することで、Medela(メデラ)は専門家を育成し、将来の患者ケアと生活の質を改善するという包括的な目標を持って、研究に臨んでいます。

Medela(メデラ)は、母乳育児とヘルスケアの各分野において、エキスパートになることを目標としています。研究は革新プロセスにおいて不可欠な要素であり、既存のやり方にチャレンジする製品の誕生につながります。   

研究の継続

研究の旅を続ける

製品に関するものであろうとなかろうと、Medela(メデラ)の研究に対するコミットメントは、単なる宣伝広告以上の意味を持っています。  真の研究に基づく会社として、Medela(メデラ)は将来に向け研究の旅を継続していきます。

 

関連情報
関連情報

母乳分泌期の乳房の構造

詳しく読む

Medela(メデラ)の革新性

詳しく読む