母乳の搾乳

お母様が母乳を搾乳すべき理由には様々なものがあります。まず最初に、赤ちゃんと離れる必要があるお母様の場合です。この場合、毎回おっぱいを与えることが難しくなります。他にも、早産児であったり、吸う・飲み込む・呼吸するという吸てつ反射に問題があり、初期に授乳できない場合もあります。母乳の分泌量を増やすために搾乳器を使う場合もあるでしょう。仕事に復帰する場合や、ライフスタイルに柔軟性を持たせるために搾乳する場合もよくあります。どのようなケースであれ、根拠に基づく搾乳のサポート手順を理解することが不可欠です。
搾乳

搾乳する前に

搾乳するお母様は、搾乳する前に手を丁寧に洗い、完全に乾かすことが推奨されています。搾乳時に細菌を減少させることが、保存中の細菌の増殖を減らすとことに繋がると言われています。手洗い以外に、日常の衛生レベルを超えて乳房を洗浄するメリットは明らかになっていません。皮膚洗浄剤での乳房の洗浄は、水だけで洗浄して細菌を減らす以上の効果は見られませんでした。そのため、定期的に乳房を洗い衛生的に保つことだけを推奨します。

搾乳

母乳の搾乳は、手または搾乳器で行うことができます。どういった搾乳器を選択するかは、想定される搾乳回数、時間面での制約、費用、電気を利用できるか否かによります。

赤ちゃんが直接授乳できなかったり、乳房から母乳を効率よく吸い出すことができない場合、お母様は十分な母乳供給を開始し維持するためのサポートが必要となります。出産後2週間以内に上手に管理できるようになることが、お母様が長く母乳を出すためにとても大切です。以下は、週を重ねていくなかで、お母様が十分な母乳を産出できるようになるために必要な介入です。

  • 出生時に肌と肌を触れ合わせる: 母乳育児の期間が長くなることが明らかになったので、奨励します。
  • お母様に手で乳房をマッサージする方法を指導します。
  • ダブルポンプで両方の乳房から搾乳する: これにより搾母乳量が増えます。
  • 産後早期から搾乳する: ここは重要なポイントです - 出産後1時間以内に搾乳すると、出産後6時間以内で搾乳した場合と比較して、より多くの母乳を搾乳できることに加え、その後数週間の母乳産生量も増加します。
  • 産後にイニシエーションテクノロジー(分泌開始技術)(Symphony PLUS)を使用し、乳汁来潮(母乳分泌開始)後に2フェーズさく乳器を使用すると、産後6~13日で母乳産出量が増加します。
  • 頻繁に搾乳することも大事です。搾乳器をメインに使用するお母様の場合、1日に6回以上搾乳するお母様の方が搾乳頻度の低いお母様よりも母乳産生量が多いことが分かっています 。搾乳器に頼っているお母様の場合、24時間で約8回搾乳することを推奨しています。
  • 授乳の間に搾乳する: 赤ちゃんのために時々搾乳していて、母乳量が多いお母様の場合、授乳の間に搾乳することができます。
  • 最適な着け心地の搾乳口を使用すると快適で乳房を圧迫せず、乳頭を傷つけません。搾乳口がきつい場合に備えて、さまざまなサイズの搾乳口をご用意しています。
  • 搾乳口を乳房にそっとあてがう: 乳管のつまりを防ぎ、適切な母乳の排出を促します。

搾乳後

搾乳後、使用説明書の指示に従い洗浄します。

研究抄録
研究抄録
Breast pump suction patterns that mimic the human infant during breastfeeding: greater milk output in less time spent pumping for breast pump-dependent mothers with premature infants(英語)

The objective of this study was to compare the effectiveness, efficiency, comfort and convenience of newly designed breast pump suction patterns (BPSPs) that mimic sucking ...

Meier PP, Engstrom JL, Janes JE, Jegier BJ, Loera F (2012)

J Perinatol. 32(2):103-10
Simultaneous breast expression in breastfeeding women is more efficacious than sequential breast expression(英語)

Simultaneous (SIM) breast expression saves mothers time compared with sequential (SEQ) expression, but it remains unclear whether the two methods differ in milk output efficiency ...

Prime DK, Garbin CP, Hartmann PE, Kent JC (2012)

Breastfeed Med. 7(6):442-7
関連製品
関連製品
関連情報
関連情報

母乳の保存と解凍

詳しく読む

母乳分泌不足

詳しく読む
参考文献

Eglash, A. ABM clinical protocol #8: Human milk storage information for home use for full-term infants (original protocol March 2004; revision #1 March 2010). Breastfeed Med 5, 127-130 (2010).

Eteng, M.U., Ebong, P.E., Eyong, E.U. et al. Storage beyond three hours at ambient temperature alters the biochemical and nutritional qualities of breastmilk. Afr J Reprod Health 2001;5:130–134.

Hill, P.D., Aldag, J.C., Chatterton, R.T. Initiation and frequency of pumping and milk production in mothers of non-nursing preterm infants. J Hum Lact. 2001;17(1):9-13

Hill, P.D., Aldag, J.C., Chatterton, R.T., Zinaman, M. Comparison of Milk Output Between Mothers of Preterm and Term Infants: The First 6 Weeks After Birth. J Hum Lact. 2005 February 1, 2005;21(1):22-30.

Human Milk Banking Association of North America 2011 Best practice for expressing, storing and handling human milk in hospitals, homes, and child care settings (HMBANA, Fort Worth,( 2011).

Kent, J.C. et al. Importance of vacuum for breastmilk expression. Breastfeed Med 3, 11-19 (2008).

Meier, P.P., Engstrom, J.L., Janes, J.E., Jegier, B.J. & Loera, F. Breast pump suction patterns that mimic the human infant during breastfeeding: Greater milk output in less time spent pumping for breast pump-dependent mothers with premature infants. J Perinatol 32, 103-110 (2012).

Morton, J., Hall, J.Y., Wong, R.J., Benitz, W.E. & Rhine, W.D. Combining hand techniques with electric pumping increases milk production in mothers of preterm infants. J Perinatol 29, 757-764 (2009).

Parker, L.A., Sullivan, S., Krueger, C. & Mueller, M. Association of timing of initiation of breastmilk expression on milk volume and timing of lactogenesis stage II among mothers of very low-birth-weight infants. Breastfeed Med (2015).

Prime, D.K., Garbin, C.P., Hartmann, P.E. & Kent, J.C. Simultaneous breast expression n breastfeeding women is more efficacious than sequential breast expression. Breastfeed Med 7, 442-447 (2012).

Torowicz, D.L., Seelhorst, A., Froh, E.B., Spatz, D.L. Human milk and breastfeeding outcomes in infants with congenital heart disease. Breastfeed Med 10, 31-37(2015).