生理的な乳房の緊満

出産当日を含め分娩後の2日目から6日目の間に母乳が出始めると、乳房が満たされ乳房が重たくなり張りますが、痛みを伴うことはありません。この分娩後の最初の数日間に母乳の分泌量が増え、赤ちゃんが飲める量よりも多くの母乳が分泌された場合、乳房緊満と呼ばれる痛みを伴う腫れが生じることがあります。

授乳中の生理学的おっぱいの張り

初期の生理学的な乳房の緊満は、乳房に母乳が溜まってリンパや血管が詰まり、乳腺組織に浮腫ができる状態のことを指します。浮腫は、母乳、血液、その他の液体が乳房の中にたまるとできます。乳房の張りが乳輪または外周もしくはその両方で起こることがあります。その結果、乳房に痛みが出て硬くなり、乳首が張って平らになります。初期の生理学的な乳房の緊満は乳管閉塞と混同すべきではありません。これは、母乳が効率よく出ないことが両方の症状に共通する原因であってもです。乳房の緊満を治療せずにいると、授乳困難や乳腺炎を引き起こしかねません。

乳房の緊満は、授乳期の病理学的な理由によっても起こる可能性があります。原因としては、きつすぎるブラジャーや、きちんとサイズが合わず乳管を圧迫するベビースリングの着用などが考えられます。触るとおっぱいの一部に痛みを感じるようになります。おっぱいの張りをそのままにしておくと、母乳の出が悪くなり、乳腺炎や乳腺膿瘍を引き起こしかねません。

生理学的な乳房の緊満の兆候

一般的に、初期の乳房緊満は、出産当日を含め産後2~6日の乳汁生成Ⅱ期の開始により母乳分泌量が増加するあたりから見られるようになります。通常、乳房が張って痛くなります。皮膚は発赤し、びまん性の水ぶくれが見られます。通常、症状は側面から起こり、全体に広がります。おっぱいの熱が若干高くなりますが(38.4℃以上)、乳腺炎とはちがって全身症状は見られません。 

乳房緊満の評価

母乳育児の専門家に相談することが必要です。乳房緊満の診断には、乳房を診察し、発赤がある、圧痛がある、 乳房の左右の大きさが違うなど、所見を観察することが大切になってきます。 

対処

ラクテーション・コンサルタントや医療従事者と対処プランを実践しモニターすることが可能です。乳房緊満を改善するためのポイントは、詰まった部分から母乳を取り除くようにすることです。医療従事者からのアドバイスとあわせて、実践できる対策として以下があります。

  • こまめに効率よく授乳したり、出産後1時間以内に搾乳を始めましょう。詰まっている方から授乳を開始したり、授乳間隔を3時間以上あけず、1日8回~12回とこまめに授乳して、詰まりを解消しやすくする必要があります。
  • 授乳ができなければ、1日8回~12回とこまめに搾乳することを推奨しています。
  • 授乳前に温湿布で乳房を温めると、母乳の出がよくなります。
  • 張っている乳房を冷湿布や冷やしたキャベツで冷やすと痛みが和らぎます。
  • 赤ちゃんの口に乳房をくわえさせる前に、 乳輪の色の変わり目あたりを指で肋骨の方に圧迫して、指の当たる範囲にある乳汁をしばし後ろに押し戻すように、やさしく、少しだけ痛くない強さで1-2分圧迫する、reverse pressure softening(RPS)法という手当を行うことができます。この手当は、おっぱいが張っているときに乳輪部をやさしく押したりマッサージして柔らかくして、一時的に張っている部分を乳房の下や上に移動させて赤ちゃんが吸いやいようにするものです。
  • おっぱいに痛身を感じる部分があるときには、授乳時にその部分にあごが向くように赤ちゃんを抱きます。
  • 医療専門家のアドバイスに従って、抗炎症剤を服用して痛みを和らげて、射乳(母乳が出る反射)を促すことを推奨しています。
  • 24~48時間以内に詰まりが解消されなかったり、風邪のような症状が出たり状態が悪化した場合は、医師の診察を受けてください。乳房緊満は 乳腺炎を引き起こすことがあります。 
  • 乳房の温熱的超音波治療やマッサージなどのその他の手法により、痛みが和らいだ症例もあることが報告されています。

 

研究抄録
Reverse pressure softening: a simple tool to prepare areola for easier latching during engorgement (英語)

Successful breastfeeding requires efficient milk transfer through the nipple-areolar complex, which includes subareolar tissue. Subareolar tissue resistance increases during engorgement, when expanded circulation and excess ...

Cotterman KJ (2004)

J Hum Lact. 20(2):227-37
Maternal intravenous fluids and postpartum breast changes: a pilot observational study(英語)

The current breastfeeding initiation rate in Canada is approximately 87%. By one month, about 21% of women have stopped breastfeeding. Engorgement and edema in breast ...

Kujawa-Myles S, Noel-Weiss J, Dunn S, Peterson WE1, Cotterman KJ (2015)

Int Breastfeed J. 2;10:18
参考文献

Amir, L.H. ABM Clinical Protocol #4: Mastitis, Revised March 2014 Breastfeed Med 9, 239-243 (2014).

Jacobs, A. et al. S3-Guidelines for the Treatment of Inflammatory Breast Disease during the Lactation Period: AWMF Guidelines, Registry No. 015/071 (short version) Geburtshilfe Frauenheilkd. 73, 1202-1208 (2013).

American Academy of Pediatrics and The American College of Obstetricians and Gynecologists. Breastfeeding handbook for physicians 2006).

Lawrence, R.A. & Lawrence, R.M. Breastfeeding: a guide for the medical profession (Elsevier Mosby, Maryland Heights, MO, 2011).

Cotterman, K.J. Reverse pressure softening: a simple tool to prepare areola for easier latching during engorgement. J Hum Lact 20, 227-237 (2004).

Kujawa-Myles, S., Noel-Weiss, J., Dunn, S., Peterson, W.E. & Cotterman, K.J. Maternal intravenous fluids and postpartum breast changes: a pilot observational study. Int Breastfeed J 10, 18 (2015).

Mangesi L and Dowswell,T. Treatments for breast engorgement during lactation (Review). The Cochrane Library 9, (2010).