Calmita(カミータ)授乳ソリューション

Calmita(カミータ)は、新生児の経口授乳の発達をサポートするために作られた製品です。研究に基づく革新的な病院向け授乳ソリューションであり、早産児や正期産児それぞれの自然な吸啜行動を、練習、応用することができます。 「新生児が自然な哺乳行動を実践できるため、Calmita(カミータ)は病院における直接授乳をサポートし、その結果、授乳の割合を増やせるだけでなく、入院日数を減らすことにも役立ちます」とKaren Simmer教授は述べています。

研究に基づく病院向け授乳ソリューション

King Edward記念病院と西オーストラリア大学の研究によって、早産児と虚弱な乳児の哺乳トレーニングをサポートするユニークな病院向け授乳ソリューションの開発が可能になりました。

内蔵された吸引圧制御弁により、母乳をいつ飲み、いつ休むのかを、赤ちゃんが決めることができます。赤ちゃんの吸う力が一定のしきい値に達すると、母乳が流れ出します。新生児は独自の吸啜リズムを発達させるため、自分に最適なペースで適量の母乳を効率良く吸うことができます。

特長

Calmita(カミータ)の特長

Calmita(カミータ)の吸引圧制御弁により、新生児は自分で飲む母乳量を調整できるため、自然な哺乳ができるようになります。

多くのNICUでは、良好で完全な経口哺乳が退院の主要な基準の1つと見なされています。Calmita(カミータ)を使用すると、入院中の早産児が退院基準をより早く満たすことができ、入院期間が大幅に短縮されることが研究により分かっています。

Calmita(カミータ)は、Calmita Starter(カミータスターター)(しきい値が低い白いタイプ)とCalmita Advanced(カミータアドバンスド)(しきい値が中程度の黄色のタイプ)の 2種類があります。それぞれ吸引圧の基準レベルが異なります。

Calmita(カミータ)は ディスポーザブル製品 で、初回使用前に洗浄する必要はありません。Ready-to-Use(開封後すぐに使用可能)または滅菌済みの状態で、個別に包装されています。

 

入院中の早産児にCalmita(カミータ)を使った授乳に関する最近の研究によって、従来の人工乳首に対して以下の利点が明らかになっています。

  • 早期退院(Simmer, K., et al. in press)
  • 自然な哺乳行為(Geddes, D.T., et al. ISRHML Conference (2012))
  • 病院での授乳回数の増加(Simmer, K., et al. in press)
  • 直接授乳のサポート
関連ビデオ
関連ビデオ

Calmita(カミータ)の技術的な特長(英語)

便利な製品
ダウンロード
関連情報
関連情報

哺乳が困難な赤ちゃんへの授乳

詳しく読む

母乳のメリット

詳しく読む
参考文献

Simmer, K., Kok, C., Nancarrow, K., Hepworth, A.R., & Geddes, D.T. Novel feeding system to promote establishment of breastfeeds after preterm birth: A randomised controlled trial [poster]. 17th Annual Congress Perinatal Society of Australia and New Zealand, 14–17 April 2013, Adelaide, Australia (2013).

Geddes, D.T., Nancarrow, K., Kok, C.H., Hepworth, A., & Simmer, K. Investigation of milk removal from the breast and a novel teat in preterm infants [poster]. 16th International Society for Research on Human Milk and Lactation Conference, 27 September – 1 October 2012, Trieste, Italy (2012).