復職した際の職場での権利

産休期間と資格は国によって異なります。ほとんどの国において、女性には産休後職場に復帰する権利があります。妊娠中から産休後の職場復帰まで、お住まいの国の職場の法律上の権利について必ず理解しておくようにしましょう。
産休

様々な国の産休と権利

イギリス

イギリスの場合、法律上の産休は52週間です。最初の26週間の「通常の産休」と、その後の26週間の「追加の産休」で構成されています。法律上の産休手当は39週間まで支払われます。

ドイツ

ドイツで出産すると、出産手当金の対象となることがあります。この手当はドイツの国家健康保険から支払われます。これは、出産の6週間前から出産後の8週間の間、妊娠している女性に提供される経済的支援であり、この期間を義務的な「母性保護期間(Mutterschutzfrist)」と呼びます。

カナダ

いろいろな意味でカナダは比較的支援に意欲的な国です。新米のお父様とお母様には、52週間の育児休暇が認められています。

米国

これとは対照的に、米国には政府によって義務付けられた有給育児休暇はありません。しかしながら、新米のお父様とお母様には12週間の無給休暇が認められています。

職場復帰

職場復帰

予定より早く職場復帰したいのであれば、規定上の通知期間に則って会社に提示する必要があります。次の意向を雇用主に伝えます。

  • 予定より早く職場に復帰したいと考えている
  • 職場復帰の予定日を変更したい
職場復帰しない場合

職場に復帰しない場合

職場に復帰しない場合は、規定上の通知期間に則って、その旨を雇用主に提示する必要があります。産休および産休手当は全額を受け取る権利があります。

産休や産休手当の対象となったら、選べる選択肢や権利について必ず調べるようにしてください。

 

便利な製品
便利な製品
関連情報
関連情報

産休・育休後の職場復帰

詳しく読む

職場での搾乳

詳しく読む