妊婦の注意事項

妊娠中は、その商品やアクティビティが妊娠にもたらすリスクとメリットのバランスを考えて選ぶようにしてください。妊娠を計画しているのなら、少なくとも3ヶ月前には、以下のルールを実践することをお勧めします。
ヘアー&ビューティー

ヘアカラー: 後にしましょう

カラーリング剤には強い化学薬品が含まれるため、頭皮から吸収され、お腹の赤ちゃんに伝わる可能性もあります。カラーリングしなければならない場合は、妊娠中期以降に行うのがよいでしょう。

日光浴およびサンルーム: 避けてください

リスクを減らすため、長時間の日光浴やサンルームの利用はするべきでないと専門家は述べています。紫外線は、赤ちゃんの発育において重要な物質である葉酸を破壊すると考えられています。太陽に当たりすぎると脱水症状や身体が温まりすぎてしまう可能性があり、ホルモンの変化により、紫外線に反応して肌にシミが残る場合があります。

喫煙、アルコール飲料、カフェイン

喫煙: 能動喫煙も受動喫煙も、非常に有害です

たばこ製品には赤ちゃんの発育に害を与える物質が含まれています。胎盤への血液の供給に影響を及ぼし、これにより酸素や、赤ちゃんに重要な栄養素の供給が減少します。また、赤ちゃんを毒物にさらすことになります。発育の遅れや、活発性過度の原因となり、アレルギー反応のリスクが増えます。更に、乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険性も劇的に高くなります。

アルコール飲料: 避けましょう

アルコール飲料は徹底的に避けるようにしてください。赤ちゃんは胎盤から直接アルコール飲料を摂取します。これにより、奇形や精神異常が発生する可能性があり、以後の学習障害や注意欠陥障害につながります。

コーヒー、コーラ、お茶: 減らすようにしましょう

妊娠の疲れを癒すために、たくさんコーヒーを飲むことはお勧めできません。カフェインは、カルシウム、鉄分、ビタミンCの吸収を妨げるため赤ちゃんに害を与える可能性があり、低出生体重との関連性があります。2、3カップ(1日あたり約300mgのカフェイン)なら問題ありませんが、それ以上は控えましょう。コーラや紅茶、緑茶にもカフェインが含まれています。

エクササイズ

エクササイズ: アクティブでいることは大切ですがやりすぎは禁物です

早歩きや水泳、マタニティ・アクアクラス、サイクリングマシンを使ったサイクリングは、やりすぎない限りは、安全なよい運動になります。マタニティ・ヨガやピラティスは筋力の強化や引き締めに有効ですが、妊婦をトレーニングした経験を持つ、資格のある認定インストラクターを見つけてください。有酸素運動(水泳、ウォーキング)と、筋力の強化や引き締めを行うエクササイズ(ヨガ、ピラティス)を組み合わせたものが理想的です。


妊娠を計画しているのなら、安全で健康的な習慣を、最低でも妊娠する3ヶ月前には始めておくとよいでしょう。女性によって状況はそれぞれ異なるため、具体的な質問については産科医や助産師にご相談ください。

 

便利な製品
便利な製品
関連情報
関連情報

バースプランと出産準備

詳しく読む

妊娠から断乳までの女性の乳房の変化

詳しく読む