搾乳した母乳の授乳

離れている時でも赤ちゃんに搾乳した母乳を与えることで母乳育児は続けられます。しかし、通常赤ちゃんのおっぱいでの飲み方と哺乳瓶からの飲み方は違うため、飲ませるのにぴったりの方法を見つけるのが難しい場合があります。直接授乳と、ボトル授乳の切り替えをより簡単にするため、Medela(メデラ)ではCalma(カーム)を開発しました。
おっぱいと哺乳瓶の間の切り替え

乳房からボトルへの切り替えもCalma(カーム)ならスムーズです

従来のボトルの乳首だと赤ちゃんの飲み方が代わり、赤ちゃんはボトルからミルクを飲むために新しい方法を学ばなければならなくなります。通常、この飲み方だと努力をせずに飲めるため、赤ちゃんは「簡単」に感じ(ボトルからミルクが際限なく流れてくるため)、場合によっては、強く吸わなければならないおっぱいに戻りたくなくなる赤ちゃんもいます。これを防ぐため、Medela(メデラ)ではCalma(カーム)を開発しました。

Medela(メデラ)が最近実施した調査では、授乳の成功には、赤ちゃん真空状態の形成が不可欠なことがわかりました。赤ちゃんは早い時期から、母乳を分泌させるためには、真空状態を作る必要があることを学びます。Medela(メデラ)では、このおっぱいで学んだ方法と同じ飲み方で赤ちゃんが飲み続けられる、Calma(カーム)授乳ソリューションを開発しました。

赤ちゃんにとってはおっぱいでの授乳が一番の方法ですが、赤ちゃんと離れている場合でも、Calma(カーム)を使えば母乳を赤ちゃんに飲ませ続けることができ、飲み方が違うからと赤ちゃんが嫌がることもありません。

 

便利な製品
便利な製品
関連情報
関連情報

母乳の保存と解凍

詳しく読む