必要な授乳関連グッズを教えてください。

たくさんのベビー用品、グッズ、洋服が市販されていますが、その中で母乳育児に役立つものはどれでしょうか? リストをチェックして探してみましょう

What breastfeeding accessories do I need?

赤ちゃんを母乳で育てたいと考えている場合、正しい道具を揃えておくと役に立ちます。しかし、どんな授乳グッズが本当に必要なのか、なくてもよいものはどれか、疑問を持たれるかもしれません。お母さまのニーズは時間の経過と共に変化する可能性が高いので、お母さまの判断をサポートするために、今後の母乳育児の旅をいくつかのステージに分けてみました。また、一番便利だと思うベビー用品についておすすめポイントを授乳期のお母さま方に聞きました。

母乳育児を始めるための授乳関連グッズ

赤ちゃんと過ごす最初の数日間は非常にめまぐるしいため、準備しておくことはとても役に立ちます。産後すぐ退院する場合でも、数日間入院する場合でも、準備しておきたいものがあります。

母乳育児がうまくいかない場合、ラクテーション・コンサルタントまたは母乳育児の専門家がお母さまに下記のアドバイスをします。

  • 赤ちゃんがくわえるのに苦労していたり、またはお母さまが乳首の痛みに苦しんでいたりする場合ニップルシールドの使用をアドバイスするかもしれません。一般的に、ニップルシールドは短期的な解決策と考えてください。問題や痛みがある場合は、ラクテーション・コンサルタントまたは母乳育児の専門家にご相談ください。

お母さま方が一番便利だと感じたもの

「クッションは背中、脚、腕を支えるのに便利です。また授乳パッドは母乳漏れに、授乳ブラやゆったりとしたトップスはおっぱいを出すのに便利です(もっと支えられるように、授乳ブラに変えることができる品質のいいブラを持っていました)。さらに、常に抱っこひもを使っていました。」 南アフリカの2児の母、Zariya。

「私にとって一番の、なくてはならない製品はハイドロジェルパッドでした。母乳育児の最初の数日間にこれをもらって使用したので、乳首がひび割れたり、ひどくヒリヒリすることもありませんでした。私はこれがとてもよかったので、母乳育児を考えている人たちみんなに買ってあげています。」 オーストラリアの1児の母、Camilla。

「母乳育児を始める前にコップ一杯の水を飲み忘れてしまった私に、水を持ってきてくれたのが本当にうれしかったです。」 フランスの2児の母、Mag。

「ベッドから出られない時でも、温かい飲み物が飲めるように、魔法瓶を準備しておきます。きちんとした食べ物とスナック。義理の母はビーフシチューとフラップジャックをたっぷり作ってくれました(私はたくさん食べなければなりませんでした!)。私が疲れた時にクッションは赤ちゃんを支えてくれます。座り心地のよい椅子、夜間授乳のための夜用ライト、そして、会陰切開後していたので、円座クッション。」 イギリスの2児の母、Felicia。

「授乳のために座ったままになっている間、紅茶や自分では用意できないものをすべて持ってきてくれる思いやりのあるパートナー、友人そして祖母。あ、それと片手で簡単に本が読めるKindleは便利!」 スペインの1児の母、Julie。

母乳育児が確立した時の授乳グッズ

最初の数週間が過ぎると、お母さまと赤ちゃんは徐々に授乳のコツをつかみ始めます。授乳は本当に頻繁で、時間もかかります。授乳が安定してできるようになって来た頃やその後の生活をもっと楽に、もっと快適にしてくれるものを紹介します。

そのうち、家という居心地の良い場所を離れて赤ちゃんを連れて外出したくなります。外出時の赤ちゃんへの授乳に関するポイントは、「公共の場での授乳」をご覧ください。

お母さま方が一番便利だと感じたもの

「私の必需品は授乳ブラ、使い捨ての授乳パッド、こぼれた母乳を拭いたり赤ちゃんやおっぱいを隠したりできる大きなモスリンコットンでした。またラノリンクリームは乳首のひび割れには絶対に必要で、ゆったりとしたトップスやカーディガンは授乳を楽にしてくれました。」 スイスの3児の母、Tatjana。

「一番便利な製品はU字型の素敵な授乳クッションでした。ロッキングチェアも持っていて、ある角度だと赤ちゃんへの授乳が本当に快適なことに気づきました。私はいつもリラックスするために音楽を聴いていました。」 ルーマニアの1児の母、Violeta。

「倒しても漏れないスポーツタイプの水筒。近くのソファーやベッドに倒して置いておいても大丈夫でした。それと、授乳を記録して赤ちゃんが前回どちらのおっぱいから飲んだかを確認できるアプリ。」 イギリスの1児の母、Francesca。

「漏れ出た母乳を受け止めるためにブラの中に入れるミルクコレクションシェル。私は分泌過多だったため、これは本当に助かりました。」 スイスの2児の母、Lisa-Maria。

「私は外出時に赤ちゃんのプライバシーを守り、気が散らないようにするDリング付きの授乳ケープがお気に入りでした。少し弾力があるIKEAのポエングチェアは安価で、とても高価なハンギングチェアの代わりになります。洗える母乳パッドは本当に吸収性がよくて、モスリンコットンはいくつもの使い道があることが分かりました。私が買いたかった製品はMedela(メデラ)Easy Expression(イージーエクスプレッション)ハンズフリーさく乳ブラです。これがあればもっと楽にさく乳できたはずです。」オーストラリアの1児の母、Camilla。

さく乳のための授乳関連グッズ

母乳育児期間中は、さく乳器を使って赤ちゃんのためにさく乳する必要がある場合もあります。お母さまに必要なさく乳器の種類は、ご自身の状況やどれくらいさく乳したいかによります。さく乳を予定している頻度によっては、以下が必要になるかもしれません。

お母さま方が一番便利だと感じたもの

「最初の段階では、おっぱいがまるで爆発しそうに感じた時に、Medela(メデラ)の電動さく乳器を使用しました。おっぱいを刺激しすぎることなく母乳を出すには十分でした。たくさんの不快感から私を救ってくれました。」 スイスの3児の母、Tatjana。

「母乳量を増やすためにMedela(メデラ)のFreestyle(フリースタイル)電動さく乳器を使い、Easy Expression ハンズフリーさく乳ブラで固定していたので両手を使うことができました。とっても優秀でした。」 イギリスの1児の母、Amy。