Medela SpecialNeeds(メデラ スペシャルニーズ)フィーダーとは何ですか?

SpecialNeeds(スペシャルニーズ)フィーダーは、身体的な理由で母乳をおっぱいまたはボトルから飲めない赤ちゃんに母乳を与える方法を提供します。詳細については以下をお読みください

Mum feeding baby with Medela SpecialNeeds Feeder

口唇口蓋裂、または身体的障がいや神経疾患など、赤ちゃんの直接授乳が困難になる疾患がある場合は、Medela SpecialNeeds(メデラ スペシャルニーズ)フィーダーが解決策になるかもしれません。このような疾患がある赤ちゃんは、おっぱいから母乳を飲むのに必要な吸引圧を形成できないことがあります。SpecialNeeds(スペシャルニーズ)フィーダーを使えば、赤ちゃんは乳首部分を優しく圧迫することができます。

Medela SpecialNeeds(メデラ スペシャルニーズ)フィーダーの仕組み

標準的な乳首の代わりとなるMedela SpecialNeeds(メデラ スペシャルニーズ)フィーダーには非常に柔らかいシリコンでできた細長い乳首がついています。赤ちゃんが飲むためにほんの少しでも圧迫があると開き、赤ちゃんが圧迫をやめると閉じるスリットの入った逆流防止弁が先端についているため、さく乳した母乳が溢れ出ることはありません。

乳首についている線で、赤ちゃんの授乳に最適な位置が見つかりやすくなっています。赤ちゃんが乳首を圧迫すると、母乳が乳首の位置に応じてさまざまな流量で流れ出ます。お母さまが優しく乳首を押して、赤ちゃんが母乳をもっと飲みやすくなるようにすることもできます。フィーダーのボトルと乳首の間にある一方通行のバルブによって、お母さまが安全に流量をコントロールすることができ、空気が入ることを防ぎます。

赤ちゃんの口が非常に小さい場合は、Mini SpecialNeeds(スペシャルニーズ)フィーダー乳首を使うことができます。(日本未発売) 標準サイズ乳首およびミニサイズの乳首は両方とも取扱説明書に従って洗浄・消毒すれば再使用できます。

SpecialNeeds(スペシャルニーズ)フィーダーをいつ使えばよいですか?

一部の赤ちゃんにとっては、Medela SpecialNeeds(メデラ スペシャルニーズ)フィーダーのような特殊なフィーダーの使用によって、チューブによる授乳をしなくてもすむことがあります。赤ちゃんがくわえることはできるけれども、必要としている母乳をすべておっぱいから飲むほどの力やエネルギーがない場合は、赤ちゃんの栄養ニーズを満たすためにさく乳した母乳を与えることにより、直接授乳をする方が効果的かもしれません。

これは重要なことです。なぜなら哺乳が困難な多くの赤ちゃんは、正常な成長に必要な母乳を飲めるようになると退院できるからです。そのため、SpecialNeeds(スペシャルニーズ)フィーダーは、赤ちゃんの入院から退院までのあらゆることに影響する可能性があります。

赤ちゃんに手術が必要な場合、Medela SpecialNeeds(メデラ スペシャルニーズ)フィーダーは、赤ちゃんが手術後に痛すぎて、または体力が弱り直接授乳ができない場合に、短期的に授乳する効果的な方法となるかもしれません。

Medela SpecialNeeds(メデラ スペシャルニーズ)フィーダーの使用

お母さままたは赤ちゃんに授乳のサポートが必要かもしれないとお考えの場合は、ラクテーション・コンサルタントまたは母乳育児の専門家にアドバイスを求めてください。専門家たちはSpecialNeeds(スペシャルニーズ)フィーダーを使うようアドバイスするかもしれません。その場合は、このフィーダーを使った授乳をする際、最初の数回は立ち会ってもらうようお願いしてください。専門家たちは、さく乳した母乳の授乳量についてもアドバイスすることができます。

赤ちゃんはほんのしばらくの間だけSpecialNeeds(スペシャルニーズ)フィーダーが必要かもしれません。赤ちゃんが成長して強くなるにつれて、おっぱいから直接母乳を飲むことを習得するかもしれません。フィーダーがお母さまにとってうまく機能したとしても、毎回の授乳時に直接授乳を試し続ける価値は必ずあります。

Medela(メデラ)は、SNS母乳哺育補助システムやソフトカップを含め、哺乳が困難な赤ちゃんへの授乳を助ける製品ラインナップを他にもご用意しています。詳細については当社の授乳用品のページをご覧ください。