母乳育児とWHOコードに対するコミットメント

WHO Code banner

すべての赤ちゃんに、最高の人生のスタートを切る権利があります

母乳は人生の良いスタートへの第一歩というだけではありません。一生続くメリットも豊富に提供します。母乳育児は公衆衛生にとって必要不可欠で、暮らしている場所に関係なく、子どもとお母さまにとって最も効果的な予防策のひとつです。WHOとUNICEFは、生後6か月間の完全母乳育児を推奨しています。メデラはこの推奨政策を全力でサポートしています。

1981年、世界保健総会は母乳代替品のマーケティングに関するWHO国際規範を推奨政策として採択しました。この「WHOコード」と呼ばれる推奨政策は、母乳代替品、哺乳瓶、人工乳首のマーケティングの規制を目的としています。これは直接授乳を保護・促進することで、安全で適切な乳児の栄養摂取を促進します。

1961年から母乳育児に尽力しているメデラ

メデラは1961年の創設以来、授乳期のお母さまの支援を全事業の中心としてきました。当社創設者オーレ・ラーソンは、1981年に授乳支援という当社の誓いを立てるとき、これをメデラの使命の中核としました。

「メデラは、赤ちゃんと家族への最高の栄養であることから、母乳育児に尽力することを誓います。また、お母さま方を直接授乳から粉ミルクに移行させることに、当社の直接授乳関連商品や研究論文が決して使用されないようにすることを誓います。当社の直接授乳関連商品や研究論文は、人工乳を促進することにも決して使用されないようにします。」

この誓いは今日でも変わっていません。世界中にいる約1,800人の当社従業員は、「私たちは母乳から生涯を通して得られる恩恵により、お母さまと赤ちゃんの健康を増進することを使命とする」というミッションステートメントと、「世界トップクラスの母乳の支持者兼パートナーになる」というブラントプロミスを守ることを誓います。

このミッションと一貫して、メデラは以下の全体的なアプローチをとっています。

  • 科学と研究を通じてヒトのラクテーションに対する理解を深めます
  • 教育活動によって世界中の医療従事者(HCP)を支援します
  • 教育活動とサービスによって授乳期のお母さま方をサポートします
  • さく乳と母乳哺乳のための最高の商品を提供します

現代に見合った支援をお母さま方へ提供

50年以上の歳月をかけて、メデラはお母さま方の授乳期の道のりや直面する現実的な問題・課題について理解を深めてきました。このような問題があるからこそ、現在産後早期から母乳育児率の大幅な低下につながる可能性があります。これを理由に、私たちは直接授乳をライフスタイルにスムーズに組み込むことをサポートするために、商品やサービスから教育や支援によるお母さま方への早期接触まで、幅広いソリューションを提供しています。

メデラはさく乳技術を最先端のものにしてきました。しかし、私たちはさく乳器を提供しているだけではなく、SNS(母乳哺育補助システム)、 特別なケアが必要な赤ちゃん用の哺乳器具、脆弱な乳児および疾患をもった乳児の母乳摂取を助ける経腸栄養投与システムなどのトータル支援システムも提供しています。

さく乳器を使用しているご家族にとっては、このような商品が母乳育児計画の重要な一部です。こうした場合、哺乳瓶や人工乳首もトータルシステムの不可欠な要素です。

したがって、お母さま方をトータルソリューションで完全に支援するために、私たちは哺乳瓶と人工乳首を基本ラインナップとして提供し続けます。研究主導企業として、メデラはさく乳器と当社の全商品において、哺乳瓶と人工乳首の適切な使用方法に関するエビデンスベースの情報を提供します。メデラはエビデンスベースの臨床プラクティスの確立にリソースを割り当てることで、お母さまの直接授乳とその赤ちゃんの自母乳摂取のサポートに全力を尽くしている、世界中の研究者、医療従事者、お母さま、ご家族、赤ちゃんのお世話をする人と協力しています。

WHOコードに対する当社のコミットメント

メデラはWHOコードで定めた目標に向けて全力を尽くすと共に、業界における最大の母乳育児支持者のひとりになります。メデラは授乳期のお母さま、その赤ちゃん、そしてご家族を一歩ずつしっかりとサポートし、母乳代替品の販売促進を決して行いません。

メデラはこれからも、各国で定められた法的枠組みの中で運営し、直接授乳と母乳哺乳をサポートし続けます。さらに、メデラは新しいマーケティング・ガイドラインを設け、直接授乳のソリューション以外での、または直接授乳に不利益となる、哺乳瓶や人工乳首の販売促進を行わないことを確実にします。これらのガイドラインは、授乳期のお母さま方に対する当社のコミットメントを明確に反映しており、当社のコミュニケーション活動のフレームワークになります。

メデラは今度もミッションステートメントに従って行動することで、生涯にわたって受けられる母乳による恩恵を通じてお母さまと赤ちゃんの健康を増進し、お母さまができるだけ長く赤ちゃんに直接授乳できるよう全力を尽くします。
 

スイス・バール、2019年5月1日

マイケル・ラーソン Medela AG代表取締役社長
アネット・ブリュールス Medela AG CEO