胸腔ドレナージ研究

Medela(メデラ)には、著名な臨床医、研究者、病院および研究機関とのパートナーシップを通じて、医療研究のサポートを続けてきた長い歴史があります。

Medela(メデラ)によって開発されたThopaz+(トパーズ+)胸腔ドレナージシステムは、多くの研究の対象となっています。

Medela(メデラ)はヘルスケアサービス提供者が持つ複雑なニーズを理解しており、以下を検討することでヘルスケアサービス提供者がお客様に提供する支援をより良いものにします。

  • 臨床ケアの簡素化
  • 臨床転帰の向上
  • 費用対効果分析を通した効率性の証明

医療専門家やヘルスケアスタッフの皆様と協力しあうことで、Medela(メデラ)胸腔ドレナージシステムを採用した場合の根拠に基づいた成功を実証することは、我々が常に目標としていることの一つです。

Thopaz(トパーズ)研究

最新の成果

Medela(メデラ)によって開発された近代的な胸腔ドレナージシステムは、多くの研究の対象となっています。詳しい情報については、以下の最近の刊行物リストをご覧ください。

出版マトリックス

フィルターし、検索結果を絞り込む

病院費用の削減
入院期間の短縮
合併症の発生減少率
患者の転帰予測
胸腔チューブ継続時間の短縮
胸腔チューブ管理の改善
患者様の高い満足度
医療専門家とスタッフのみなさまの利便性


出版物[著者、刊行物、年]
2015 C. Pompili およびその他; Eur J Cardiothorac Surg. (ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・カーディオソラシック ・サージャリー) 2015年9月26日 肺葉切除術直後の再発性エアリーク: 気流の電子的評価に基づく分析。
2015 C. Pompili およびその他; Eur J Cardiothorac Surg. (ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・カーディオソラシック ・サージャリー) 2015年9月10日 ドレナージ調節による、原発性自然気胸のための胸腔鏡下肺嚢胞切除術後の再発率削減: 非調節ドレナージと対比した傾向適合症例比較
2015 D. Southey およびその他; Asian Cardiovasc Thorac Ann. (アジアン・カーディオバスキュラー・アンド・ソラシック・アナルズ ) 2015年9月 23(7):832-8 携帯デジタル吸引を付けた胸部手術患者の退院: コスト効率は良いのか?
2015 A. Chavarín およびその他; Surgical Science(サージカル・サイエンス) 2015年6月 352-357 胸部手術後の肺拡張評価における超音波とエアリーク測定の役割
2015 AL McGuire およびその他; Interact Cardiovasc Thorac Surg. (インタラクティブ・カーディオバスキュラー・アンド・ソラシック・サージャリー)2015年10月 21(4):403-7 デジタル対アナログ胸膜ドレナージ フェーズ1: 肺のエアリーク評価における観察者間信頼度の予測評価。
2015 M. Lijkendijk およびその他; Eur J Cardiothorac Surg. (ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・カーディオソラシック ・サージャリー) 2015年12月 48(6):893-8。肺葉切除後の電子的胸部ドレナージと従来の胸部ドレナージ: 無作為化試験
2014 C. Pompili およびその他; Ann Thorac Surg. (アナルズ・オブ・ソラシック・サージャリー) 2014年8月 98(2):490-6、 論考 496-7。電子的胸部ドレナージシステムと従来の胸部ドレナージシステム間の客観的また主観的結果の国際的多施設無作為比較。
2014 S. Jablonski およびその他;Thorac Cardiovasc Surg. (ソラシック・アンド・カーディオバスキュラー・サージャリー) 2014年9月 62(6):509-15 エアリークを伴う気胸の治療における持続的空気量測定を含むドレナージの有効性評価
2013 A. Brunelli およびその他; Eur J Cardiothorac Surg. (ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・カーディオソラシック ・サージャリー)2013年5月 43(5):899-904。状態に合わせた調節吸引対調節シール: エアリーク時間における予測無作為化試験 
2013 Marjanski およびその他; Thoracic Surgery(ソラシック ・サージャリー)2013年。肺葉切除後のデジタル胸部ドレナージシステムの実施による合併症の発生率の著しい低下
– 無作為化臨床試験
2013 F. Leo およびその他;Ann Thorac Surg. (アナルズ・オブ・ソラシック ・サージャリー)2013年10月 96(4):1234-9。肺切除術後、胸膜吸引により長引くエアリークは減少するのか? 500の無作為症例後のAirINTTrial からの結果
2013 RC. Boshuizen およびその他;J Bronchology Interv Pulmonol. (ジャーナル・オブ・ブロンコロジー・アンド・インターベンション・パルモノロジー) 2013年7月 20(3):200-5。悪性胸水ドレナージ後の胸膜圧力スイングと肺拡張。
2012 A. Linder およびその他; Interact Cardiovasc Thorac Surg. (インタラクティブ・カーディオバスキュラー・アンド・ソラシック・サージャリー)2012年10月 15(4):622-6 手術後の胸腔チューブ管理: ドイツの多様性のスナップショット
2012 WS. Jenkins およびその他; BMJ Case Rep. (BMJケース・レポート)2012年6月 8;2012。潜在的間質性肺疾患のある患者の持続する続発性自然気胸管理向けの携帯デジタル胸腔吸引Thopaz (トパーズ)ドレナージシステムの使用
2012 D. Danitsch およびその他; Nurs Times. (ナーシング・タイムズ)2012年3月 13-19;108(11):16-7。デジタル胸腔ドレナージシステムのメリット
2012 M. Refai およびその他;Eur J Cardiothorac Surg(ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・カーディオソラシック ・サージャリー)2012年4月 41(4):831-3。合併症を伴わない肺葉切除術における胸部チューブ取外し前の胸腔内圧値
2011 S. Rathinamおよびその他; J Cardiothorac Surg. (ジャーナル・オブ・カーディオソラシック ・サージャリー)2011年4月21日 6:59。胸部手術におけるThopaz (トパーズ)携帯吸引システム 第三期エンドユーザーの評価と意見
2011 C. Pompili およびその他; Interact Cardiovasc Thorac Surg. (インタラクティブ・カーディオソラシック・アンド・ソラシック ・サージャリー)2011年11月 13(5):490-3。Impact of the learning curve in the use of a novel electronic chest drainage system after pulmonary lobectomy: a case-matched analysis on the duration of chest tube usage.
2010 JM. Mier およびその他; CIR ESP. 2010;87(6):385–389。肺切除後のデジタルエアリーク評価のメリット: 前向き比較研究。
2010 R. Cerfolio およびその他;Thorac Surg Clin. (ソラシック ・サージャリー・クリニック) 2010年8月 20(3):413-20。エアリーク監視のためのデジタル高性能胸部ドレナージシステム: 新時代の誕生か?
2009 R. Cerfolio およびその他; Multimed Man Cardiothorac Surg. (マルチメド・マン・カーディオソラシック ・サージャリー)2009年1月1日、2009(409):mmcts.2007.003129。術後空気漏の定量化
製品
ダウンロード
詳細情報
詳細情報

医療技術で外科をサポート

詳しく読む

患者ケア

詳しく読む