患者ケア

医療機器会社だけでなく、ヘルスケア関係者や医療機関にとっても、患者ケア の向上は優先事項です。革新的ソリューションを提供し、最新の ヘルスケアテクノロジーの力で病気治療を行うことがMedela(メデラ)の目標です。

医療ケアでは患者様が第一であるということを認識する必要があります。病院や自宅において患者様に焦点を当てることで、患者ケアの質や一般的な生活の質が劇的に向上します。Medela(メデラ)製品は操作が簡単です。保証付きの衛生的かつ簡単なメンテナンスのおかげで、介護人や看護スタッフの皆さんはより多くの時間を患者様のケアに充てることができます。Medela(メデラ)は、個人レベルの課題を理解し、高品質で費用効率の高い解決策をヘルスケア機関に確実に提供するようにしています。

気道吸引

気道吸引

気道吸引は、気道に付着する分泌物を除去するために行われます。外科的処置に従って気管開口術チューブを挿入することで、患者様の粘液生成は増え、それを除去する能力は低下しやすくなります。気道吸引により、気管開口術チューブから過剰な粘液を取り除くことで適切な気道確保ができます。気道吸引のさらなる活用例としては、生まれたばかりの赤ちゃんの鼻や口をきれいにして呼吸を助けることもできます。

気道吸引は緊急事態においても使用され、気道から異物や分泌物あるいは嘔吐物を取り除きます。

Clario(クラリオ) / Clario Toni(クラリオトニ)/ Vario(バリオ) 18と一体の携帯気道吸引

Clario(クラリオ) は、 在宅看護 や気道吸引が必要な 患者様にとって取り扱いが簡単な携帯気道吸引ポンプです。Clario(クラリオ)のモジュラー設計は、組立の簡単な主要部品3つから成っています。この三重の衛生設計により、ポンプの機械部品へ液体が漏れることを防ぎます。Clario(クラリオ)の利用により、さらに自由を感じていただけます: 電池式のものは、50分以上の吸引時間を必要としますが、その間患者様は十分に動くことができます。

Vario(バリオ)18吸引ポンプはMedela(メデラ)の気道吸引機器で、身体障害者の方や自宅でのケア向けに、病院や介護施設、自宅で使用するための設計がなされています。より一層安定したデザインによって長期利用に非常に適したものとなり、QuatroFlexシステムにより急速に真空状態を発生することができます。このポンプは外科用吸引を必要とする簡単な処置にも使用することができます。

胸腔ドレナージ

胸腔ドレナージ治療

数十年にわたり、胸腔ドレナージ治療を受けた患者様はベッドから出ることができませんでした。従来のシステムでは、胸腔から空気と液体を取り除くために使用する真空環境は、患者様の部屋の集中真空壁から作り出されていました。

胸部ドレナージ治療の新たなスタンダード

Thopaz(トパーズ)では、Medela(メデラ)はデジタル胸腔ドレナージシステムを設計し、胸腔ドレナージ管理における新しい基準を設定しました。Thopaz(トパーズ)は軽量の電池式ポンプに殺菌済み消耗品のセットが付属されたもので、客観的な治療分析と手術後の患者様の早期可動性を可能にします。これにより、患者様の入院日数が短くなることが証明されています1

Thopaz+(トパーズ+)で、Medela(メデラ)は可動性、客観的なデジタルデータ、使いやすさという点において、胸腔ドレナージにおける新たな基準を定めました。デジタルモニターが、空気漏れ、体液の排出、胸腔内圧などの重要な治療パラメーターの正確かつ客観的なデータを提供します。これにより、医師はドレーンを取り外す時期をデータと事実に基づいて判断できるようになり、患者様の予後が向上し、入院日数を減らすことになります1

製品
製品
陰圧閉鎖療法(NPWT)
参考文献

[1]          Ann Thorac Surg. 2014 Aug;98(2):490-6