双子や多胎児の授乳

双子や多胎児のお世話は大変ですが、もちろんその授乳も同様に大変なものです。通常十分な量がありますから、母乳の量については問題ありません。ですが、パターンを定着させるのがより難しくなるかもしれません。
課題

授乳における課題

双子や多胎児を母乳で育てることは不可能なことではありません。成功の秘訣は、他の母乳育児をするお母様と同じです。需要と供給の関係や正しい抱き方、吸てつの重要性など、母乳育児の基本を理解する必要があります。

多胎児を持つお母様が直面する大きな課題には、母乳の量以外にも、時間が足りないということがあります。この問題を解決するには、赤ちゃんを同時に授乳する方法を学ぶ必要があります。赤ちゃん達を快適な方法で授乳できる様々な抱き方を、ラクテーション・コンサルタントに見せてもらってください。

役立つ基本的なヒントやテクニックもあります。例えば、赤ちゃんの体重がそれぞれ違う場合や、一方の赤ちゃんには健康上の懸念があり、もう一人の(または他の)赤ちゃんには問題がない場合、しばらくの間はそれぞれの赤ちゃんを違う時間や違う方法で授乳する必要があります。赤ちゃんたちの体質が異なり、落ち着かせるのにそれぞれ違うテクニックが必要な場合、それぞれに最も効果的な方法がわかるようになってきます。

抱き方の重要性

双子や多胎児に授乳する場合、赤ちゃんが小さい間は枕の上に赤ちゃんを乗せて支える必要があるかもしれません。こうすることで、お母様の手首や腕、背中、肩にかかる負担も和らぎます。両方の赤ちゃんが同時に飲めるように二人を並べて授乳する前に、一人ずつ交互に授乳する方法を習得したほうが、より簡単でしょう。長椅子やベッド、あるいは床なら、このような授乳方法の場合広いスペースを使えます。

多胎児の場合は、しっかりした吸てつと、授乳を心地よくできることが継続的な成功のためには不可欠となるため、授乳を始める早い時期に、専門家の授乳アドバイスを受けておくのが一番の方法です。母乳が出ないこともあります。早産児で生まれた場合には特にそうです。粉ミルクを「補充」する必要があるかもしれません。ですが心配はいりません。十分な母乳を与えるストレスを除くことで、母乳分泌の増加につながることがあります。

病院から退院した後の、自宅での最初の1ヶ月は大変になるでしょう。双子や多胎児を授乳する責任は、ともすれば大きすぎることもあります。可能な限りの援助を得ながら、適応できるまで十分な時間をとりましょう。

 

便利な製品
関連情報
関連情報

授乳時の抱き方(ポジショニング)

詳しく読む

搾乳器を使う理由

詳しく読む