Purelan™ 100 ラノリンクリーム

乳首に乾燥、不快感がある場合に、100%天然成分で作られたPurelan™(ピュアレーン) 100 ラノリンクリームが乳首を保護します。また、直接授乳をしている場合でも、お母さまと赤ちゃんにとって安全です。

概要

  • お母さまと赤ちゃんに安全。授乳前の拭き取りは不要です
  • 純度の高い天然ラノリン100%
  • 肌の脂質を補い、水分バランスを正常に戻すことをサポート
  • 肌のバリア機能を高めるお手伝いをします
  • 荒れた唇や乾燥した鼻まわり、赤ちゃんの乾燥した肌にもご使用いただけます
  • パラベンフリー、添加剤・防腐剤不使用、無香料
  • 低刺激性
A mum lying on the floor with her baby, smiling and happy, knowing she can breastfeed him without having to remove her PurelanTM 100 lanolin cream.

ラノリンクリームを使用するタイミング

直接授乳によって、赤ちゃんが頻繁に吸いつくことにより、お母さまの肌の天然の皮脂が奪われることがあります。そのことによって、お母さまの乳首が敏感になったり、乾燥したり、不快感がでてくる場合があります。Purelan™ (ピュアレーン)100 ラノリンクリームは、お母さまの乳首の皮脂を補う手助けをします。症状が出てからだけでなく、症状が出る前にも、優しい保湿剤として使用することもできます。授乳の前後に乳房の肌を柔らかくしなやかに保つために塗っておくとよいでしょう。妊娠期の敏感な乳首や、違和感のある乳首にも使用することができます。

Purelan™ 100 の使い方

直接授乳をしている場合は、Purelan™ (ピュアレーン)100 ラノリンクリームを授乳の直後に塗りましょう。まず両手を清潔にしてから、少量の母乳をさく乳し、乳首と乳輪(乳首の周囲の皮膚の色が暗い部分)を拭いて乾かします。豆粒大のラノリンクリームを出し、指先で温めて柔らかくします。優しく乳首の部分にだけ塗ってください。大容量サイズの37gチューブであれば、安心して必要なだけ塗り足せます。

Purelan™ は赤ちゃんにとって安全ですか?

ラノリンクリームを付けたまま授乳できるのか疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、授乳は可能です。Medela Purelan™ 100 にはパラベンや人工添加物、防腐剤が含まれていなく、無香料ですので、赤ちゃんが吸いつく前に拭き取る必要はありません。赤ちゃんの肌に乾燥した箇所がある場合などは、赤ちゃんの肌にもお使いいただけます。ラノリンクリームは、寒い季節の荒れた唇や鼻まわりの保湿にも使えます。ハンディサイズの7g入りチューブは、ポーチの中に入れておけば、外出中でもすぐに使えます。

詳しく見る