ハイドロジェルパッド

母乳育児中の乳頭をやさしくケア。水分たっぷりのMedelaハイドロジェルパッドがおっぱいを保護します。

概要

  • クッション性:乳頭付近を物理的に保護するクッションの役割により、余計な摩擦を防ぐことができます。 
  • 保湿作用:皮膚に貼るとすぐに乾燥を防ぐため、潤いを維持します。
  • リフレッシュ作用:すばやい冷感
  • 滅菌済み、個包装
A breastfeeding mum plays happily with her baby, her sore nipples feeling better, thanks to using hydrogel pads

ハイドロジェルパッドを使うタイミング

よく「授乳は痛いものではない」と言われることがあるかもしれませんが、実際には、授乳回数も多く、長時間になる場合もあり、お母さまの乳首が授乳に慣れるには少し時間がかかります。また、産後初期に起こる体内のホルモン変化と合わせて、乳首が敏感になることがあります。ハイドロジェルパッドは、瞬間的に乳首をやさしくケアし、乳首をリフレッシュさせます。また、乳首が衣類でこすれることを防ぎます。

敏感な乳首のケア

乳首がとても痛かったり、傷がある場合は、授乳中のおっぱいへの赤ちゃんの吸いつき方に問題があるというサインかもしれないため、ラクテーション・コンサルタントまたは母乳育児のスペシャリストに診てもらうことをお勧めします。授乳中に乳首から出血したり、焼けつくような痛みを感じたり、乳首の傷が治るまでに長い時間がかかったりする場合は、乳房の感染症や治療が必要なその他の症状であるかもしれないため、ラクテーション・コンサルタントまたは医療従事者にアドバイスを求めてください。

ハイドロジェルパッドは、どのように使えますか?

Medela ハイドロジェルパッドは、皮膚に貼ると、ひんやりした素材が優しく包み込んでくれます。乳首と乳輪(乳首の周囲の皮膚の色が濃い部分)の両方を十分にカバーできる大きさです。

ハイドロジェルパッドは以下のステップに従ってお使いください。

  • まず手を洗い、袋を開けてハイドロジェルパッドをライナーから剥がします。
  • 慎重にパッドのジェル側を乳首の上にのせます。
  • 赤ちゃんに授乳する必要がある場合は、ハイドロジェルパッドを外して清潔な場所に置いておきましょう。
  • その後、乳房をお湯でやさしく洗い、水分を拭きとってから授乳します。
  • 授乳が終わったら、清潔な手で再度ジェルパッドを着けます。

ハイドロジェルパッドは繰り返し使えますか?

はい、1枚のハイドロジェルパッドは24時間以内であれば繰り返し使用できます。使用していない時は涼しくて乾燥している清潔な場所に保管する必要がありますが、石けんや洗剤で洗う必要はありません。冷却効果を高めるために冷蔵庫にハイドロジェルパッドを入れておくこともできます。ただし、ご自宅では必ず他のお子さまの手が届かない所に置いてください。また、万が一透明なハイドロジェルパッドが曇ったり白っぽくなったりした場合は、そのパッドは捨てて新しいものを使用してください。

詳しく見る